MENU スポンサーリンク

【速報】ノーベル化学賞に吉野彰氏 そしてリチウムイオン電池の世界!

こんばんは!下町荘の住人です(^^)/

 

今嬉しいニュースが飛び込んできましたね!(^^)

ノーベル化学賞に吉野彰氏(旭化成名誉フェロー)ら3名に贈る」と発表されました! 

f:id:sitamachi0033114so:20191009204647j:plain

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp


 

日本人で「ノーベル賞」受賞するのは27人目!「化学賞」は2010年以来の8人目となります!

 

ちなみに… ノーベル賞の賞金は1億円になります!

ただし連名での受賞は3名で1億円となるので「基本は割り勘!」になるのかな?

(功績の順とかあるのかもしれませんね!詳しくは…ごめんなさい)

 

今回ノーベル化学賞を受賞した研究・開発は…

リチウムイオン電池

 

私からすると「今さら…」

この「今さら」は私からすると「最高の賛辞」です!

なぜなら

「もっと早く受賞する画期的な電池開発です!」

(5年前…いや、10年ぐらい前にノーベル賞を受賞しても良いぐらいです!)

 

皆さんがブログを見るために今手にしている「スマホ!」そして「ノートパソコン」に使われているのです!

昔に比べてスマホやノートパソコンって

「驚くほど『小さく』『軽く』なりましたよね?」

そして「1回の充電で長く使える」

 

その一番の要因はリチウムイオン電池の技術力が成せる技なのです!

 

リチウムイオン電池

なぜ!「リチウムイオン電池」が凄いのか!

まずは『軽さ』です!

皆さん!学生時代に化学の勉強で使いませんでしたか?

「水兵リーベ僕の船の歌!」(^^)

元素記号を暗記するための語呂合わせの歌」です!

f:id:sitamachi0033114so:20191009195116j:plain

 

今はかっこよく動画になってますね!

www.youtube.com

(でもこんなでしたっけ?この動画では頭に入ってこない…(^^;)

 

前置きが長くなりましたが「リチウム」とは元素番号3で「すべての金属元素の中でもっとも軽い」

これ以上軽いのは「水素」「ヘリウム」しかない…

 

このリチウムの「軽さ」が製品化されたときに「小さく・軽く」できるのです!

 

しかし、「リチウムイオン電池」は難しい化学製品でもあり、多くの研究者が挑戦してきた技術でもありました!

なぜなら、(初期の頃)反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと研究されましたが、しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しいとされてきました!

 

 吉野彰氏の功績!

現在の「リチウムイオン電池」は吉野彰氏が、2次電池に用いる研究を1981年から始め、コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を83年に試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させました。

 

その後、化学会社を中心に「電池性能の向上」「安全性能の向上」を各社の取り組み、この技術により「世界中でリチウムイオン電池が利用される」こととなりました!

 

リチウムイオン電池の現在と将来!

冒頭で「スマホ・パソコン」を例にあげましたが、現在のリチウムイオン電池は様々なところで実用化されています!

スマホやパソコンなどの電子機器全般には多く使われてますね!

 充電機能のある製品のほとんどは「リチウムイオン電池」です!

 

・ハイブリット車や電気自動車で使われているバッテリーに多く使われます!

 最近の燃費向上は「リチウムイオン電池」の性能向上によるところが大きいです!

 

・今太陽光発電の売電に変わる方針として「蓄電池」が推奨されています!

 売電価格の下落に伴い、「昼に太陽光で充電して朝・夕に使用する」

 この「蓄電池」は「リチウムイオン電池」です!

 

などなど…

 

例をあげたらキリがないくらい利用されています!(^^)/

 

もちろん、全てがまだまだ発展途上!これから将来に向かって「発展」していくのが「リチウムイオン電池」の世界です!

さらに「小型化」「軽量化」そして何より「電池性能の向上」が期待される分野です!

 

さて、今回の吉野彰氏の受賞!「今さら…」と言いましたが「もっと早く受賞しても良い」その理由は…

「もうリチウムイオン電池無しでは世界は動かない!」と言っても過言ではないでしょう!

 

そして、同じ日本人として今回の受賞は素直に「喜ぶべきニュース」でしょう!(^^)/

(日本の技術力もまだまだ凄いと改めて思いました!)

 

以上 【速報】ノーベル化学賞に吉野彰氏 そしてリチウムイオンの世界!でした(^^)/

専門的な化学の分野で間違ってる部分がありましたらすみません!(^^;

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク